You are here
Home > 今年の風水 > 風水マスター リリアン・トゥーが読んだ災害の年

風水マスター リリアン・トゥーが読んだ災害の年

私たちは東日本大震災という本当に大きな災害を経験することになりました。
関係することが、日本で創刊予定だった雑誌にリリアンが書き下ろした原稿のメモに書いてありました。
雑誌は創刊が見送られたのですが、この年の風水概況として地震津波という話がはっきりと書かれていました。
参考情報として掲載しておきます。

2011年の世界経済
 年は「とら」から「うさぎ」に変わる。が、このうさぎは素直でやさしいうさぎではない。世界情勢は落ち着きそうにない。争いごとは解決せず、不和が起こりやすい状況は続く。マクロ経済的にはあまり見通しは良くない。エネルギー問題は続く。相場は不安定。うまくやればお金は作れる。
2011年の四柱推命
年、月、日、時間の4本の柱すべてで上下の五行の要素が衝突している。(金が木を切る、水が火を消す)土の要素が1つもない不安定な年。
自然災害がおきやすい。東ー西(トルコからインドネシア、チリから日本など)、津波、地震。
私たち全員にとってきわめて注意の必要なチャートの傾向で、常に注意しておいたほうがいい。
老若男女、場所をとわず争い、不和が多くなる。混乱の兆し。国際政治の大変動もある。
2011年はお金をあらわす五行の要素は木で、木はチャートに3つもある。さらにチャートに現れない隠れた木も多数存在しているので、金運のチャンス自体はたくさんある。
しかし、同時にチャート内に五行の金の要素がたくさんあり、木は滅ぼされている。五行で木をはぐくみ、金を弱める水が補われれば金運のチャンスはめぐってくる。
水のキーホルダーは誰にとても吉アイテムとなる。
金運を呼び込むには?
こういう混乱の時は逆にお金をつくりやすい。リーダーシップが冴える傾向があり、良いリーダー運に恵まれ、社長やトップが活躍する年になる。
やる気があり、商売っ気のある人はチャンス。戦略的な思考があれば儲けのチャンスがたくさんある。新しい考え方、新しい技術を使って、非常に速いスピードで勝負すればたくさんの富の創造の機会がある。
五行で「水」の要素は2011年には知力、創造力をあらわしますが、全体のバランスの中では水を消費する「木」が多すぎるため、エネルギーとしては少ない状況。
これを意図的に補うとうまくいく。水を表すウォーターシンボルのキーホルダーは誰にとっても素晴らしい金運のサポートをもたらします。
2011年干支別概況
ねずみは素晴らしいポテンシャル。投資すればするほど利益も増える一方で訴訟や紛争に巻き込まれやすく、周囲との争いごととが絶えない。
うまは何事もうまくいきやすく、目標が現実化する一方、健康トラブルがつきまとう。
いぬは素晴らしいポテンシャルを楽しむ1年になるが、風水の影響を受けやすい。
いのししは特に家の風水で悪い影響があると全体に影響しやすい。
うさぎは数々の不運、五黄、三殺、大歳、天災を受け厳しい。
とりは五黄、三殺、大歳、天災を受け、混乱する。成長の時期
たつは周囲との不協和音があるが小さな予想外な幸運に恵まれることもある。
へびは障害があるが成功の機会に恵まれる。
ひつじは土のエネルギーを補えば幸運に恵まれるチャンスがある。宝石を身に着けるなど。
さるは仕事面で競合が多く、厳しい時期が続く。だまされないように注意。野心家の仲間に裏切られる。
うしはスピリチュアルな方面から幸運を受ける。引越しも良い。信心深くなるといい。
とらは勝利の時。努力が報われる。

Top