You are here
Home > インテリア風水 > 風水の失敗パターン

風水の失敗パターン

ここでは私たちがよく陥ってしまう風水を実践する時の失敗例を10個まとめてご紹介します。そしてそれをどうやって避けるかの解決策をリリアン・トゥーが提示します。あなたは風水を実践しているのに期待した成果があらわれず、あきらめる寸前、、さあお読みください。


1.期待が大き過ぎる
あなたはまだ風水のスキルを身につけたばかりです。親友の会社での昇進を風水の良い効果が一夜にしてあらわれたおかげのように思っています。あなたは今、風水の対策を行って2週間経ちますが、生活は変わらず単調でたいくつに思えます。
というように、あまりにも大きな成果を早急に期待するのはよくある風水の失敗です。風水とは複雑な学問です。成果はいつでも色々な種類のエネルギーの働きによってあらわれます。また、あまりにも大きな期待を持つと、「どうせかなわないだろう」という不審感の方が勝ってしまい、その結果目標が達成できなくなるのです。
 解決策
気楽にいくことです。リラックスしてしっかりとした態度を。たいくつな生活は、風水によって不運から守られているから実現していることを知ってください。物事が円滑に進むから退屈なのです。このことを理解して、物事を見るようになれば、風水がどのように作用しているのかがわかり始めるでしょう。
2.結果を急ぎすぎる img
気持ちはわかりますが、風水をはじめたばかりの人は、すぐに成果があらわれているかどうか、いつも気になり、チェックばかりします。
恋人が欲しい人なら、毎日誰か特別な人との出会いを過度に期待しているオーラが周りに伝わってしまい、逆効果になります。
お金が欲しい人は、お金が空から降ってくることはありません。風水は手品ではありませんので、そんなふうに成果があらわれることはまずないでしょう。
 解決策
良い知らせというのは予告無しに、気付かないうちに近づいてきます。日頃から運を着実に高め、どんなスピードのチャンスにもあなたの気のエネルギーの波長をあわせられるようにしておきましょう。風水は必ず成果をもたらしますが、それがあらわれるまでの時間は人によって異なります。風水の対策をしたら、その後は風水のことは忘れましょう。願いを宇宙にゆだねてください。風水の成果を日々チェックする必要なんてないんです。
3.たくさんの専門家に相談しすぎる.
欲張りな人はたくさんの専門家に相談しすぎてしまいがちです。専門家という存在に出会うと、その人が優秀か、そうでないかに関係なく、専門家は正しいに違いないと思ってしまいます。専門家というのは、彼らの限定された知識の中からあなたの質問に答えるので、必ず答えが同じになるとは限りません。たくさんの専門家に相談してしまうと、混乱します。色々なことを混同して考えるようになって、最終的に成果があらわれません。風水の良い部分だけをつまみ食いしようとしてもうまくいきません。
 解決策
成功の鍵となるのは、あなたが何をすべきかを知り、自信を持って行動することです。目標も行動計画もシンプルがベストです。決して自称風水師に家をめちゃくちゃにさせないで下さい。特に彼らがあなたの家の中で大事な方位をさわる時には注意して下さい。疑わしい時には元に戻してください。一度立ち止まって、あなたの納得のいく方法を選んでください。
4.集中できない
一度に色々なことをしようとすると、気が散るものです。一歩一歩進んだほうがいいです。目標をいつも明確にして計画的に進めて下さい。風水は建設、インテリアデザイン、演出と美学を伴う複雑な学問です。学問自体はシンプルなものではありませんので横道にそれないようにしてください。
計画的に正しいコースを歩んでください。風水で良い結果を得ている人と、風水の法則をたくさん知っている人とは別ものです。風水を使う目的と達成目標が明確な人が成功する人です。
 解決策
風水の法則をどのように使うかを慎重に計画してください。毎年かわる不運の影響によって悪影響を受けないようにチェックすることからはじめて下さい。不運を家に入れないための風水のシンボルも飾って下さい。そして、幸運のエネルギーのある場所を正しい方法で高めてください。私はこの手法を30年以上使ってきて、常に良い結果に恵まれています。
5.古い考えにこだわりすぎる
4000年前の中国の古典に書いてある風水の法則の中で、利用価値のない、化石のようなものに縛られて、それを純粋に守ろうとする姿勢は、おかしなことです。当時の環境は今とまったく異なりますので、重大な過ちの原因となります。
 解決策
風水は進化するものだと理解して下さい。何千年も前と今とでは景色がまったく異なることを意識してください。古いものを守る保守的な姿勢にこだわらないで下さい。それよりも古い法則を現代にあてはめる新しい方法を見つけることに意識を向けて下さい。
img6.コンパスが正確でない
方位を太陽の位置から推測して決めるのは怠けすぎです。風水が間違った成果をもたらす原因としてもっとも多いパターンです。良い風水の結果は、正確な方位磁石による正確な計測結果がもたらします。
 解決策
方位磁石をお金を出して買って下さい。風水コンサルタントになる野望を持った人は羅盤を手に入れましょう。プロでなければ小さなもので十分です。しかし、我々をとりまく電磁的な影響下でも正確に方位計測のできる信頼性の高い風水コンパスでないといけません。いつでも方位を測ることを習慣にしてしまいましょう。凶方位を避け、吉方位を向くだけでも、素晴らしい成果を得られる場合があります。
7.完璧を求めすぎる
完璧を求めすぎることで行動が制約されてしまうことがあります。これは風水に限った話ではありません。完璧を求めすぎるとせっかくのチャンスを無にしてしまいます。
 解決策
いくつかの選択肢から風水のやり方を選ぶようにしましょう。風水では、多くのことを考慮しなければいけませんので、いくつかは妥協して、100点を目指さないことはいい考えかたです。
8.難しい部分を省略する
風水の成果を得ようとすれば当然準備が必要です。準備をおろそかにしてはいけません。難しいことを省略すると結果を得ることはもっと難しくなります。
 解決策
注意深く分析を行うことでミスを防ぎましょう。地形や景観から受ける風水の影響と、フライングスター風水のチャートのように、家のどの場所にどういった種類のエネルギーが分布するかをしっかりと分析することによって良い風水の効果は得ることができます。難しい部分だからといって省略してはいけません。
9.頭でっかちになってしまう
風水はよく知られたスキルとなりました。風水が何であるか、という定義よりも、風水をどのように実践するかが大事です。頭でっかちになってしまい、何もできないのは風水の失敗パターンです。
 解決策
風水の定義や理論的なことにこだわらないことが大事です。大切なのはあなたが何をしたいのかということで、風水のスキルを使って幸せをつかむのはあなた自身なのです。理論や定義にこだわると目的をぼやけさせるだけです。そこから抜け出してください。
10.最新の情報を無視する
過去の経験則や古い常識に縛られることは楽なことです。しかし決して最新の情報を見て、現状に則した判断をしたり、最新の意見を取り入れることを面倒に思わないでください。風水を実践するときには頭を使うべきです。
 解決策
風水は私たちの生活習慣の中で長年培われてきた考え方に基づいた学問ですが、結局のところ生活を豊かにするためのスキルであって、私たちはそのスキルを自分たちのために利用するわけですから、良く頭を使うべきです。
疑わしいことは、自分の頭で良く考えて使うべきです。

Top