You are here
Home > 今年の風水 > 旧正月前に行う大掃除・浄化・幸運を招く準備

旧正月前に行う大掃除・浄化・幸運を招く準備

大掃除、浄化、幸運を招く儀式、新年を迎える事前準備についてお話しします。2022年の旧正月は2月1日です。

旧正月の風景

新しい服を買う、食べ物を準備する、家の補修をする、金柑や花の咲く植物を飾る、祭壇を掃除するといった準備を旧正月までに行います。
大掃除を行い、家具を修繕したり新調します。そうすることで幸運を後押しする新鮮な気の力を得ることができます。

1.修繕と交換

家中のひび割れや破損している箇所をチェックし、修繕します。水漏れは特に重要なので念入りに探します。水の詰まりや漏れのある状態で新年を迎えると、その年に家族は全員不運を受けることになります。パイプの詰まりや漏れだけでなく、蛇口付近のちょっとした漏れ、栓がきちんと閉まらない、シンクや洗面化粧台のひび割れ、トイレの水がちょろちょろ流れ続けているのもNGです。「金銭の損失と不要な出費」の原因となるので、早期に対処しましょう。

塗装

壁や天井を塗り直すと、新年に新鮮なエネルギーが入りやすくなります。

停滞を取り去る

食器棚や冷蔵庫の後ろ、棚の上の目立たない場所のほこりをはらい、停滞の原因を取り除きます。古新聞や古雑誌、とっておいたのに一度も使わなかった紙袋や箱もこのタイミングで捨てましょう。掃除中に家具の傷や破損もチェックします。

椅子のガタガタ

家具、ソファ、テーブル、椅子やその他の家具をチェックし、生地の破れなど、補修します。とりわけ食卓と椅子は念入りにチェック。食べ物を口に入れる場所である食卓は、良い状態でないといけません。ガタガタの椅子はすぐに修理するか交換してください。

ベッドの状態

ベッドも、新しい年にあなたが成功できるかに大きく影響します。マットの壊れたベッドで寝ると、人生何もかもうまくいきません。フレームの壊れたベッドで寝ると、人間関係に亀裂が生じ、夫婦はひどい関係になります。丁寧に、隅から隅までベッドの状態を確認してください。

食器類

皿、コップ、箸やスプーンなど。かけやひびある食器、割れそうなものはすべて交換しましょう。破損した食器を使うのは、絶対にやってはいけない風水です。出世の道は閉ざされ、繁栄の足を引っ張ります。
食器棚から、破損しているものをすべて取り除くこと、そしてこの1年1度も使わなかった食器を処分します。

クローゼット

服と靴のクローゼットも同様に。古くなった靴下、下着、シャツ、ズボン、靴を処分します。色やデザインが気に入らず、この1年着ることのなかった服や靴は人にあげましょう。

食器棚とクローゼットから不要品を処分することは、不運を取り除くだけでなく、人生に新しいチャンスが入るためのスペースをつくります。
大掃除

台所

台所は家の電源。家族全員が食す、料理を作る場所です。台所には食料が不足することのないようにします。
まずは冷蔵庫を点検。野菜、果物、ジャムや開封後の缶詰、食べ残し、賞味期限切れの品を捨てます。その後、新年を迎える段階で食べるものがたくさんあるようにするために、買い物に行き、冷蔵庫を満たします。
米びつを洗い、乾かした後、赤い糸で結んだ3枚の硬貨を赤いぽち袋に入れ、米で満たします。
正月の15日間、米が3/4を下回らないように。これは、1年食べるものに困らないために重要なことです。

2.風水のアップデート

12月21日冬至から2月4日立春の間に、新しい年にあわせた風水の変更を行います。グランドデューク・ジュピターの変化のタイミングが冬至、年のフライングスター風水チャートは2月4日の立春が区切りなのでこの期間に行うのです。
前年の風水グッズを再利用する場合は、清潔な布にクレンジング・ウォーターを浸して拭き掃除します。不運を抑えるための風水グッズは悪い気を吸収することで機能するので、新しいものに交換する方が良いのですが、再利用する場合は、クレンジング・ウォーターで再生する必要があります。

3.クレンジング・ウォーターの作り方

青(水)、黄(土)、緑(木)、赤(火)、白(金)の五行をあらわす花びらと、新鮮なカフィアライムの葉をボウルの水に入れます。
カフィアライムの葉が手に入らない場合は、新鮮なみかん、すだち、かぼす等の葉でも代用できます。
次に海塩を大さじ1杯水に入れます。
ボウルを10分間太陽の光にさらしたら出来上がりです。
掃除用の布を水を浸み込ませ、よく絞ってから、風水グッズ、お守りなどを拭き掃除します。サビやすい金属製品に塩分が残らないよう、よく拭き取ってください。
この水で祭壇や神棚、仏壇、仏像等も掃除することもできます。

祭壇や神棚、仏壇

まず、神仏に掃除の許可を求めます。次に物をどかし、物は敬意を表すために腰の高さ以上ある机の上に置いてください。
はじめはブラシやはたきなどでやさしく汚れをとり、最後にすべての面をクレンジングウォーターで拭きます。香炉、キャンドル立て、水の容器もきれいにします。破損しているものは交換します。
祭壇の掃除が終わったら、神仏にお供えをし、お香、キャンドルなどの必要な物を補充してください。

4.気の浄化

それが終わったら次は気の浄化の儀式です。家中の気を浄化します。サンダルウッドの香をつけ、各部屋時計回りに3回まわりながら、古いエネルギーや負のエネルギーを取り除きます。
下の呪文をとなえながら、笑いと幸せで家が満たされていることをイメージしながら行ってください。


「ナマサバ・タダガタ・アバロキテ・オン・サンバラ・サンバラ・ホン」(×21回)

次に7種類の金属でできたベルシンギングボウルを使って、金属音による浄化を行ってください。少なくとも1時間はドアと窓をあけて、負のエネルギーが外に出るようにしてください。そうすることで、新しい幸運の気が家に入ることができます。

5.大晦日の夕食

家族団らん
旧正月の大晦日である1月31日は、家族が全員揃って団結と繁栄を願いながら夕食を食べるのが習わしです。伝統的には料理は8品以上、幸運をあらわす次の食材を含めます。

・黒きくらげ 繁栄を意味する
・たけのこ煮 富をもたらす
・キンシンサイ 金の針
・白菜 成功が約束されている。家族に心の純粋さと善行の重要さを示す。
・魚料理 豊かさに満ちた年という意味
・鳥料理 幸福と幸せな結婚。ダックは貞操と子宝
・大海老 笑いに満ちた家庭
・あわび、ほたて、あさり、かき 仕事で豊かな収穫
・もち米入り豚煮 家族の団結、成功の共有。
・長寿の麺 家族全員の長寿
・甘いデザート 白玉ぜんざいなど、あずきやピーナツに団子を添えたデザートは、努力が実る意味を示す。
・みかん、ぶどうなどの果物 豊かさと繁栄、富とチャンス。

夕食後は、家の電気を消さずに窓を開けて夜更かしします。音楽を奏で、花火を上げ、大声で笑い、祝います。

新年の幸運を最大限活かすための、2月1日から2月15日までの過ごし方は、次回ご紹介します。

Top