You are here
Home > 今年の風水 > 2020 風水 全体的な傾向

2020 風水 全体的な傾向

2020年の全体的な傾向を、八字チャートから読み解いていきます。

2020年の八字チャート(日本語)
この8マスから、2020年の全体的な傾向を読みとります。

2020年の概況

年の八字チャート(上図)を読み解いていくと、まず「水木火土金」の要素が5つともチャート内に存在します。これがあらわすのは基本的には安定し、崩れにくい年だということです。しかし「土」が8マスのうちの3マスを占めていて過剰、これにより人々は精神的にストレスや心配事を抱えやすくなります。

五行の意味の表
2020年に金運をあらわすのは「金」の要素。

しかし、そんな中にも「隠れた幸運」が読み取れるため、もめごとからも何か良いことが生まれ、一次的な緊張はあっても、関係は続き、最終的にはうまくおさまります。
2020年最大の懸念は、自分の名を売るために人に毒をつく人があらわれやすいことです。そういう人達が放置されることで、争いごとにつながるリスクが高まります。
ねずみの方位である北には争いの星があるため、その影響を鎮める必要があります。誰もが人間関係のお守りを携帯し、争いごとに巻き込まれないようにする必要があります。

仕事で取引を良い条件で成立させるには、サムオブテンのお守りをつけ、今年の隠れた幸運の力を作動させる必要があります。このお守りによって、フライングスター風水における特別な組み合わせによる恩恵を受け取ることができます。
ビジネスを加速して発展させるためには、新しいテクノロジーの適用が不可欠になります。

成長の原動力

幸い、旧正月が1月25日で、新年が立春前に明けるので「春のある年」です。金のねずみ年は豊富な成長原動力に恵まれながら始まります。これによって世界経済は勢いを増し、ミクロの視点では個人の収入が高まりやすくなります。
ねずみは12子の中で、継続的にお金を稼ぐ動物として知られています。だから、ねずみ年は常に、お金を稼ぐチャンスが豊富です。新たなチャンスに目を光らせておきましょう。
チャートには幸運の要素がいくつもあり、それを強めることができれば、あなたは現実に大きな富を得ることができます。
ねずみの方位である北に富の壺 Five Ratsを飾ってください。

五行の衝突が招く障害

八字チャートの上マスと下マスの関係は「年・日・時」で調和していますが、月では土が木の上にあり、衝突しています。
これは仕事が増加する一方で、利益率が低下し、資金繰りが苦しくなる可能性を示します。
そこで、ビジネスに携わっている人は全員、机の上に2コブのラクダ、またはマングースの置物を飾る必要があります。ラクダは砂漠で水も食べ物もなく何ヶ月も歩くことのできる生き残りのシンボルです。マングースは何もないところから金をつくります。薄利の厳しいビジネスで生き残る力をもたらします。

新たな時代が始まる

2020年は新しい時代の始まりです。私たちにとってビジネスのやり方を刷新する元年になります。生活様式も変わります。新時代の最前線にとどまるためには、心を開き、柔軟な姿勢で変化を受け入れる必要があります。
起業や、転職、転業を考えている方は、4月~5月に動くのが適しています。

金運を高めるには

2020年は金運が直接的にも間接的にも豊富で、富は新しい技術や戦略、考え方から生まれます。ただし、リソースが不足しがちなので、リソースを無駄にせず、資金繰りの問題を発生させないために、机に2コブのラクダまたはマングースを飾ることが不可欠です。
正しい決断と計画が揃えば、これまで達成できなかった高い目標を達することができます。高い収益を上げるためのビジネスチャンスが多く存在する年です。
北西にエイト・ドラゴンや、金運キャビネットを飾ると金運が高まり、大きな目標を達成することができます。

タイミングが大事

年の前半は準備と計画に適します。後半は新しい戦略を実行に移すのに適します。
家や会社といった空間から受けるエネルギーを最適にするために、フライングスター風水の解説を、そして、個人が受ける影響を最適にするために干支別の解説もあわせてお読みください。

Top