You are here
Home > 今年の風水 > スケールを広げて考えるべき年

スケールを広げて考えるべき年

寛大な心で高い利益が得られる1年、と世界で最も著名な風水界のリーダーであるリリアン・トゥーは話します。そして投資は下半期にするのが良いと言い添えます。

風水」の視点では、2008年「土のねずみ年」は株式市場、エンターテイメント産業、採鉱、宝石、不動産と建設業の分野で実りが多い年だと考えられます。
一方で海運、銀行や物流は非常に厳しく、また農林業、出版業では競争が激化し、良いものだけが生き残る淘汰が進む、とリリアン・トゥーは説明を続けます。

img

2008年は五行がアンバランスで、「金」と「火」の要素が全く欠如している年です。その反面、今年は富と勝利の運に恵まれています。その鍵となるのは正しいタイミングを見極めることです。
今年はたくさんの富を得るための可能性がある年です。そして広い視野でものを見るべき1年です。うま年以外のすべての人はリスクを覚悟し、勇敢な行動をとることで利益を得ることができます。
広い視野を持つことで利益がある1年なのです。
長期的な利益をもたらすチャンスに最大の関心を集めるべきです。
「火」の要素の欠如が株式市場を不安定にする、米国のサブプライム問題に起因する諸々の不安定要素もこれに関連しています。それでも、下半期には好転が見られるので、相場が底をうつタイミングで投資するのが良いでしょう。2008年の八字チャートを見ると富をあらわす五行は「土」で、そのため土地を含む不動産に投資するのが良いでしょう。土を感じ、そして富を感じることが大事です。
また干支別では最も幸運の恩恵を受けるのはうさぎ年の人たちだとリリアンは付け足しました。
全般的に、富と繁栄をもたらすポジティブなエネルギーを引き付けるには「赤」と「金」の色を身につけることです。
また、欠けている「火」と「金」は創造性、知性そしてパワー、名声の欠如を意味します。
リリアンは、愚かなミスや頭の悪さで注目を集める人が出てくるだろうと言います。
彼女は「水」と「土」の衝突は国際政治での対立を示すと言います。一方で、土のねずみ年は新たな国際関係、新しい政府をもたらすでしょう。

ニュー・ストレイト・タイムズ2008年1月15日より

Top