You are here
Home > フライングスター風水 > 2019年の三殺は西から

2019年の三殺は西から

三殺(さんさつ)とは、毎年方位が変わる風水の不運で、東西南北の4方位のうちのいずれから影響し、2019年は西です。

西に関係のある人、例えばとり年や、若い女性にあたる方は影響を受けやすくなります。
家の中で主要な気の出入り口となる玄関や大きな窓が西にある家で暮らす人も影響を受けやすくなります。

三殺は人の身体的なエネルギーに悪影響を与え、ストレスにやられたり、ひどく疲れたりします。
精神面でも、三殺を受けると雰囲気が暗くなり、心は後ろ向きになり、思ってもいないようなことを口にしてしまい、それで「失う」のです。

このように、三殺は「名声を失う」「金銭を失う」「愛する人を失く」の三種類の損失をもたらすのです。
これを避けるには、三種類の守護獣からの守護が必要です。三種類の守護獣は次の通りです。

三種の守護神ウィンドチャイム

フードッグ
有名な守護獣で、名声を守ります。北京へ行ったことのある方なら、紫禁城をはじめ、町のいたるところに数多くのフードッグがいたはずです。

ピヤオ
変わった見た目の守護獣で、ギリシャ神話のキメラのようにも見えますし、チベット仏教の雪獅子にも似ていて、頭部に一本の角がある一角獣の姿をしています。富と繁栄を守る守護獣なので、上海のような商業都市では特に愛されています。

キリン
伝説で「龍と馬」が組み合わさった姿の守護獣だと言われていて、家族や愛する人との別離を守ります。

三殺で注意しなければならないこと、それは、三殺の方位に背を向けて行動を起こしてはいけない、ということです。
つまり、2019年は西に背を向けて座ってはいけない、ということは、東に顔を向けて座らない、ということですね。

クアナンバーが1,3,4,9の人にとって、東は吉方位にあたるので、東に顔を向け、西に背を向けて座っている方も多いと思いますが、2019年はやめた方がいいです。そうならないように机や椅子を動かしてください。

しかし、三殺に向いて座る、三殺の方位に頭を向けて寝る、これはまったく問題ありません。三殺に頭を向けて寝たとしても大丈夫です。西に頭を向けて寝る、西に顔を向けて座る、は問題ないのです。

おそろしい三殺の話をしましたが、不運がどこにあるかを知り、対策をすれば、不運をくい止めることができます。これが風水のいいところです。

Top