You are here
Home > インテリア風水 > 家具が病気の原因に?

家具が病気の原因に?

家具が病気の原因になっている可能性はありませんか?家具の中の隠れた毒が、呼吸器障害や下痢、高血圧など多くの病気の原因になることがあります。それは家具の木と木の間のホルムアルデヒドの接着剤や古い時計から漏れた水銀のような化学物質によるものかもしれません。

そして、もし古い家具がずっと同じ場所にあって、一度も動かされていないとしたら、埃が溜まり、エネルギーは滞るので、風水で深刻な不運の原因になります。気が新鮮さを失い、非常に強い病のエネルギーを発するようになるまで、それほど時間はかからないものです。

本棚
よく見逃されますが、本棚のある部屋や、壁際に本棚のある場所は危険な風水を作っている可能性があります。本棚はおそらく何年もの間、掃除されていないでしょうし、古い本が埃を集めるので、病の影響を発します。
時には本棚の部屋にカビが生え、部屋の空気を汚染し、しかしそのことに気が付かないので、その部屋を頻繁に使う人に病の影響が及びます。
書斎や会社の本棚は、埃が溜まり、古びた状態にならないよう、こまめにきちんとした掃除が必要です。大掃除の時には棚を動かして裏まで掃除し、滞ったエネルギーを動かした方がいいです。岩塩や海塩を布に含ませて拭くと、溜まった病のエネルギーを取り除くことができます。

食卓と椅子
風水にとって、とても重要な家具なので、特別に注意を払い、定期的に塩を含ませた布で拭いてください。陰のエネルギーが食卓周りから発生すると、そこを使う家族全員に非常に深刻な影響が及ぶからです。

ソファ
私たちは時にこの快適なソファは手入れが要らないと勘違いします。私たちがゴロゴロするソファの隙間に陰の気が溜まり、色々な病の気を放射します。ソファが擦り切れていたり、汚れがひどい時には表を張り替えて再調整した方がいいです。
最低でも1年に1回、できれば2回は動かして裏までしっかりと掃除し、滞ったエネルギーを動かし、新鮮なエネルギーをもたらしてください。
寝室にあるソファは寝ている時に病の気を受けないよう、特にケアが必要です。
リビングのソファは、あなたが窓を定期的に開けて新鮮な気を入れ替える習慣があるなら、それほど害になることはありません。
そうでなく、閉鎖された空間にあるソファは、不運のエネルギーが非常に大きくなる危険性があります。

アンティーク
美しいアンティークはインテリアにアクセントと独特のセンスを与えますが、全て部品単位で分解し、浄化しない限り、アンティークを家の中に入れるのは危険です。アンティーク家具は前の所有者のエネルギーを運ぶので古いエネルギーを全てクリアする必要があります。
はじめに塩で表面を拭き、そしてサンダルウッドの香で家具に残っている霊を鎮めるのは良いやり方です。この儀式に疑問を持つ必要はありません。ただやればいいのです。

長いカーテン
開かない大きな窓をカバーする長いカーテンは必ず陰のエネルギーを引き寄せるので、注意してください。病原菌が長い時間かけて蓄積されます。カーテンは開けたり閉めたりして、たまに洗った方がいいです。カーテンの中に陰の気を溜めていないかどうか、確認してください。

このような家具に隠れた風水のリスクは対策ができますから、さあ、今日、思い立った時にすぐ家具やカーテンを洗いましょう。

あなたの成功のために
リリアンより

Top