You are here
Home > 風水セミナーと講座 > 日本でのセミナー > 開催報告 2014年8月23日(土)東京 スピリチュアル風水2014セミナー

開催報告 2014年8月23日(土)東京 スピリチュアル風水2014セミナー

8月23日(土)に開催されたスピリチュアル風水の東京セミナーについて、ご報告いたします。

風水セミナー
参加人数に対し、会場が小さかったため、午前、午後、夜と三回の講演を行いました。
狭くて申し訳なかったのですが、アットホームな雰囲気でよかったよ、というご意見も頂きました。

風水セミナー2-2
セミナーでは呪文やスライドは家でリピートできるよう、皆さん遠慮なく録音&撮影OKです。

<参加者の声>
・8月に会社を引っ越ししたものの、問い合わせも少なく、困っていました。
セミナーから帰り、翌日からお香を炊きながら後半に習った強力な呪文を寝る前に唱えたところ、2日後に仕事の案件が決まり、売上が入り、新入社員が苦労なく2件の仕事を決めてきました。今までは0件でした。
また、関連業者さんからお店のテントを開店祝いでつけてくれると申し出があり、正直 びっくりしています。

・私は妬みを受けやすく、生霊も受けているのではないかと思っていましたが、スピリチュアル風水のセミナーに参加したことで、これからはブロックできると思うとうれしいです。

・セミナーの翌々日、高速道路に乗る直前、突然主人が『頭痛薬が欲しい』と言い出したのです。
田舎で、高速インターの周りには何もありませんから、時間を惜しみつつも町に戻りドラッグストアへ。
そして前夜から完全徹夜でしたので、インターのすぐ側にあるコンビニでパワーチャージドリンクを飲み休憩、1時間30分程遅れて高速に乗りました。
30分程走行すると、遠くに赤い灯りがいくつも見えました。近づいてみると、大破した車が数台と、沢山の救急車とパトカーでした。
上下線共に同じ場所で事故していました。
その時はまだ救急隊が救出中で生々しい状況の中、「救われたーっ」の一言でした。
「頭痛薬」と言った主人は、マントラ(呪文)が書いてあるネックレスを肌につけていました。
私はセミナーで配られた呪文がいっぱい書いてあるリリアンの本をお守りとして持っていました。

・リリアンのフライングスター風水にたどり着いたのは、風水は楽しいけど、いわゆるスピ系の雰囲気が苦手で、システムや論理に基づいたフライングスターはしっくりくるものだったからです。
今回のセミナーは、「え?スピリチュアル??」と思いましたが、受講料も手ごろだったので即申し込みました。今回の内容はこの呪文→この願い。というある意味システムのような感じがしなくもありません。愛とかやさしさのような抽象論ではなかったので、わたしのようなタイプでも十分受け入れられました。願いをかなえるための一連の流れは、スポーツの世界でも大事と言われているようなことでしたし、それは学問や理論の一部だと思いました。

・元気のなかった観葉植物を、健康の呪文を唱えながら植え替えをし、水をやっているうちに、すこしずつ元に戻ってきているみたい。写真撮っておくべきでした。

・月曜に、仕事で大きなミスが発覚し、出先からひたすら呪文を唱えながら事務所に戻りました。ぎりぎりだったのですが、修正がきいて事なきを得ました。

・年後半の傾向について、8月に確認できたのは良かった。毎年年に2回参加したい。

・ピリオド9のパートが一番印象的でした。10年後を今から見据えておこうと思いました。

・マントラ(呪文)にはこれまでも興味がありましたが、このような日常使うことに割り切って教えてもらえたのが良かったです。宗教っぽい話ではありますが、田中さんが賢明に宗教っぽさを消そうとしているのが伝わりました。

・帰りの電車でさっそくおまじない(呪文)をつぶやいていたところ、ずーーーっと連絡を待っていた意中の人からメッセージがきました。呪文のパワー凄いです。

Top